チケットはこちら TOPへ戻る

EVENT INFO

2019.10.04

サンサンワイナリー/ 花岡氏による出展ワイナリー紹介

サンサンワイナリー/ 花岡氏による出展ワイナリー紹介



2015 年、塩尻市10 番目のワイナリーとして設立。母体は介護福祉施設を運営するサン・ビジョン(名古屋)。
東山にあたる柿沢地区に2012 年から栽培を開始し、2016 年春にはショップ、レストランを併設してグランドオープンしました。

自社農園、塩尻市街地を眼下に北アルプスを望む最高の景色を見ながら、食事とワインを愉しむことが出来るワイナリーです。

醸造を指揮するのは大手ワインメーカーの醸造長を経て、県内の複数のワイナリーで技術顧問を務めた戸川英夫ゼネラルマネージャー。
海外でも醸造経験があり、塩尻のぶどうをその知識と経験で最大限に生かすワイン造りをしています。

現在自社圃場ではシャルドネ、メルロー、シラーを中心に栽培されており、トップキュベの「シャトーサンサン」「サンサンエステート」シリーズに使用されている。
また、カナダ原産の赤肉林檎「ジェネバ」を使用した「サンサンサイダー スカーレット」は、ピンク色のシードルで、香り、酸味、甘みのバランスが良く、食事とも相性が良いことから人気商品となっています。




◯クルティエ花岡氏 SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 特選ワイン
<シャトーサンサン シャルドネ>
同社の旗艦ワインとなる「シャトーサンサン」シリーズ。
自社畑の糖度22 度を超す健全果のシャルドネを厳選。低温発酵させた後、シュール・リー方式で6 か月間かけて貯蔵した後、 フレンチオーク新樽に入れ熟成。樽熟成による芳醇なブーケとシュール・リーによる複雑で豊かな味わいのワインです。
乳酸発酵の香りもあるので、クリーム系の料理やバターを使用した料理と相性が良いです。
<サンサンエステート 柿沢ルージュ>
標高840m~864m の自社圃場は、冷涼で風通しが良くぶどう栽培に適しており、病果の少ない原料を収穫できています。
このワインはサンサンヴィンヤードのメルロとシラーをブレンドしたワイン。メルロが女性的なしなやかさと膨らみをつけ、 シラー特有のスパイスがアクセントとして溶けあった、特徴がありつつも飲みやすいワインです。
鴨やジンギスカンなどの軽いジビエと好相性です。





◯SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 予定ワインリスト


サンサンエステート 柿沢シャルドネ樽熟成2016
サンサンエステート 柿沢ルージュ2016
サンサンエステート 柿沢メルロー SectionA2017
サンサンエステート 柿沢シャルドネ ネイキッド2018
サンサンエステート 柿沢メルロー SectionB2015
サンサンエステート 柿沢ロゼ2018
ナイヤガラスパークリング
サンサンサイダー ブレンドサイダー スカーレット

<プレミアムテイスティング>
シャトーサンサン シャルドネ2017
シャトーサンサン メルロー2017

BACK