チケットはこちら TOPへ戻る

EVENT INFO

2019.10.08

サントリーワイン/ 花岡氏による出展ワイナリー紹介

サントリーワイン/ 花岡氏による出展ワイナリー紹介



塩尻駅のホームからも見える駅近ワイナリー。歴史は古く、1936 年(昭和11 年)に設立。

当初は「赤玉スイートワイン」の原料酒を供給する支援基地の位置付けでしたが、現在は熱心なぶどう栽培農家と連携し、 上質なワイン造りをしています。
ぶどうの生産者組合は、今でもサントリー前身の名前が残り「寿屋赤玉出荷組合」として活動しています。

サントリーの日本ワイン「ジャパンプレミアム」には「品種シリーズ」と「産地シリーズ」があり、一昨年9 月に新たに「塩尻ワイナリーシリーズ」が発売となりました。
コンセプトは「世界を感動させる日本ワイン」。 ラベルには赤玉マークが歴史と伝統の意を込めて入っています。

その責務を担うのはワイナリー長の篠田健太郎氏。
フランスで醸造を学び、その知識と経験を塩尻の土地のワインに落とし込んでいます。栽培は現組合長の山本博保さんを 中心に醸造と連携。山本さんが塩尻市洗馬岩垂原で栽培する畑は、棚式のスマート仕立てで、日本ワインコンクール金賞も受賞しており、G7 などでも提供されています。






◯クルティエ花岡氏 SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 特選ワイン
<サントリー塩尻ワイナリー 岩垂原メルロ>
先述の山本さんの畑がある岩垂原は標高が700m 以上の冷涼な気候。収穫を引っ張ることが出来るため、糖度の高く酸の残った最良の原料が収穫できます。ワインも熟した果実香と凝縮した味わいで、10 年以上寝かせても楽しめるポテンシャルの高いワインです。
<サントリー塩尻ワイナリー 塩尻マスカット・ベーリーA ミズナラ>
マスカット・ベーリーA 由来の甘く華やかな香りと果実味、ホールパンチ(全房醗酵)での複雑味が、ミズナラ樽由来の白檀やお香、ココナッツのような香りがアフターに心地よく広がるやさしい味わいのワインです。すき焼きなどの甘辛い醤油たれの料理と合わせて頂きたいワインです。





◯SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 予定ワインリスト

<ワインパーティー>
サントリー塩尻ワイナリー 塩尻マスカットベーリーA 2017
サントリー塩尻ワイナリー 塩尻メルロ ロゼ2018
サントリー塩尻ワイナリー 塩尻メルロ2015


<プレミアムテイスティング>
サントリー塩尻ワイナリー 岩垂原メルロ2015
サントリー塩尻ワイナリー 塩尻マスカットベーリーA ミズナラ

BACK