チケットはこちら TOPへ戻る

EVENT INFO

2019.10.31

ドメーヌ・スリエ/ 花岡氏による出展ワイナリー紹介

ドメーヌ・スリエ/ 花岡氏による出展ワイナリー紹介


今年設立され、今まさに初醸造をしている「ドメーヌ・スリエ」

「ほほえみ」という意味を持つフランス語を冠したワイナリーは、6年前から桔梗ヶ原、岩垂原を中心にぶどう栽培を始め、その土地の個性を生かしたワイン造りに取り組んでいます。醸造を担当するのは、塩尻志學館高校で醸造を教えていた高山秀士氏。
33年間にも渡り教鞭をとっていたことから、地元にも高山先生に教わったという方々が数多くワイナリーで働いています。

ワインはメルロ、シャルドネに加え、長野の土着品種「竜眼」や塩尻ならではの「ナイヤガラ」「コンコード」など8000本程度生産予定。樽熟成したプレミアムワインも製造予定です。
なんと言っても今年初リリースされる「新酒」が楽しみですね!

地元の方や主婦方にも楽しんで頂きたいと、ワイナリーにはベーカリーも併設。同社特製のモチモチの米粉パンをワインと共にお買い求め頂けます。


「銘醸地塩尻の中でも特にポテンシャルの高い畑のぶどうから、そのテロワールを表現できるワイン作りを目指します。
地元の方に愛され、地域活性化に貢献し、また都会の方が訪れたくなるような魅力的なワイナリーになれればと思っております。」と同ワイナリー。





◯クルティエ花岡氏 SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 特選ワイン

<メルロー>
6年前から栽培してきたメルローの圃場は「古厩園」と呼ばれる同社の特級畑の原料を使用。表層は粘土質土壌で水に乏しく、水はけが良く、昼夜の寒暖差が大きい畑で、過去に某航空会社のファーストクラスに提供されたワインの原料も作られていた土壌である。この原料を安曇野市の安曇野ワイナリーにて委託醸造したものを今回はご用意。
濃縮した果実味ときめ細かいタンニン、樽香でより複雑味と余韻の長いワインに仕上がっています。





◯SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 予定ワインリスト

<ワインパーティー>
新酒ナイヤガラ
新酒コンコード
メルロー 2017

BACK