チケットはこちら TOPへ戻る

EVENT INFO

2019.11.01

長野ワイン王子インタビュー② いま塩尻ワインがいい!

長野ワイン王子インタビュー② いま塩尻ワインがいい!


塩尻のワインについて探るべく、ライターのイヨリ・タケダが取材を敢行。
前回に続いて長野ワイン王子に、日本ワイン、塩尻ワインについてインタビュー!(前回の記事はこちら

最後に 「イベントでは要チェック!」のワイン情報もお見逃しなく!





新たなワイナリー(醸造家)が続々と登場





2008年頃から、全国各地でワイン特区が増えており、全国的に新しいワイナリーが誕生しています。長野県のワイナリー数も、2000年頃には17でしたが、2019年夏には51に急増。新たな醸造家が次々と誕生しています。ワイン産業が盛り上がるのはとてもいいことだが、クルティエ的な視点から見ると、色々と思うこともあるそう。



塩尻にも新しいワイナリーが続々と誕生している(写真は9月にオープンした丘の上 幸西ワイナリー)



多くの醸造家にとって「ワイナリー創業」は大きな夢。でも実はそこからが本当のスタートなんです。

1年目からぶどうを育てても、自社畑ワインの初醸造は早くても4年目です。販売ルートや潤沢な広告予算もありません。
「ワイン販売で生計を立てられるようになるまでの収入確保」「自社製品構成の検討」「ワインの販売ルートの開拓」等々。

実は経営者として、ワイン作り以外のことにも多く向き合わなければならないんです。
クルティエとして、魅力ある新しいワイナリーが今後も継続していけるようにサポートしていくことが自分のこれからのテーマですね。






いま塩尻ワインがいい!





昨今の第7次ワインブームもあって、今は日本ワイン全体が注目されるようになりました。長野、山梨だけでなく、北海道、山形、新潟、島根、宮崎など全国的にワインが面白い。世界のコンクールでも受賞するワインが登場しています。

でも、世界に初めて日本ワインを知らしめたのは、実は塩尻・桔梗ヶ原産の「メルロー」です(五一わいんのインタビュー記事も参照)。



塩尻のメルローの古木(五一わいんん)



今塩尻は、ワインづくりに重要な条件が色々と整っている気候がよくて(昼夜の寒暖差、年間降水量、平均日照時間)、糖と酸のバランスがいいぶどうができるんです。

ナイアガラ・コンコードを中心に、メルロー、シャルドネ、龍眼、ピノブラン、カベルネソーヴィニヨンなど非常にバラエティ豊かな品種のぶどうが育っている。このバラエティの豊かさは塩尻の大きな特徴であり、魅力の一つですよ。



塩尻には至るところにぶどう畑がある



そして、とにかくワインのクオリティと価格のバランスが秀逸なんです。この品質のワインが、この価格で飲めるの!?なんてこともしばしば。


クルティエ的視点でいうと、塩尻の老舗ワイナリーは、伝統的なナイアガラ・コンコードワインによる経営地盤ができているから、高品質の欧州系品種のワインも手頃な価格で提供できているんです。これは他のエリアにはない大きなアドバンテージですね。
ぜひいろんな塩尻産ワインを楽しんでみてください。



ナイアガラ・コンコードの甘口ワインは、シンガポールなど東南アジアで大人気になっているそうですよ。





日本ワインの楽しみ方





料理人、ソムリエ、クルティエ。なんでも知っているであろう花岡さんにズバリ聞いてみました。
おすすめのワインの楽しみ方ってありますか?


「日本ワインをいつものお惣菜と合わせてみてください。」




フランスワインは複雑さが特徴なので、フレンチのソース文化と合います。アメリカはフルボディで強いパンチのあるワインだから、アメリカの食文化と合う。
一方、日本のワインは繊細さがある、ズバリ和食と合うんですよ!





おすすめは、照り焼き、煮物、すき焼きなど。おでんにおすすめしたいワインなんかもあります。

ぜひ皆さんのご家庭の身近な和食とともに楽しんでみてください。ワインって楽しいですよ。 そして、塩尻ワインもぜひお忘れなく(^^)

とにかく親しみやすい人柄が印象的だった花岡さん。色々と教えて頂き、ありがとうございました!






本イベントでおすすめの塩尻産ワイン5本





最後に、この記事を読んでいただいた皆さんにおすすめ情報をお届け。

10月16日 銀座NAGANOでの「SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019 プレイベント」で発表された、
花岡さんおすすめのワイン5本をご紹介いたします。



SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019では、ぜひこれらのワインを楽しんでみてはいかがでしょうか。






いよいよイベント間近です!!
SHIOJIRI GRAND WINE PARTY TOKYO 2019





ワインのセレクトはクルティエ花岡さんがご担当、15ワイナリー+1高校、約90種のワインを一度に味わえる塩尻ワインの一大イベントです!

滅多にお目にかかれないワインが多数登場しますよ!

ワインファン、これからワインを楽しみたいという方にも必見のイベントです。ぜひお見逃しなく!



BACK